もう悩まない!お尻ニキビ予防術

意外にもお尻はニキビ多発地帯!

「ニキビができやすい場所」といえば、どの部位を思い浮かべますか?

 

最も多いのは、顔でしょう。顔にできたニキビは目立つので、自分でも「できているな」と意識せざるを得ません。他の部位では、背中やデコルテ部分がニキビの好発部位です。そして、意外かもしれませんが、お尻のニキビに悩む人も多いようです。お尻にニキビができるのは、珍しくありません。なぜならニキビができるメカニズムは、「毛穴が古い角質などで詰まり、皮脂が毛穴の中にたまる」です。毛穴と皮脂腺があれば、どこでもニキビができる可能性があります。

 

ニキビができる前段階は、毛穴の詰まりです。硬くごわついた肌の角質などで毛穴が詰まります。お尻の肌は柔らかいイメージですが、そうではありません。座っているとき、お尻には体重がかかっています。足の裏を思い浮かべてください。いつも地面と接し、体重を支えているので角質層が厚くなっていますね。足の裏ほどではありませんが、お尻の角質も実は厚くなっています。

 

そこに皮脂が加わり、ニキビができます。もう1つ、お尻ニキビならではの事情が、蒸れやすさです。顔などと違い、お尻は常に衣服で包まれています。蒸れて不衛生になりやすく、アクネ菌の繁殖にも好都合です。お尻ニキビは炎症が進行して、痛みを伴う状態に悪化しやすい特徴があります。

参照サイト