お尻ニキビを防ぐ入浴タイム

お尻ニキビを防ぐ入浴タイム

お尻のニキビを予防するには、入浴法を見直してください。夏を中心に、入浴をシャワーだけで済ませていませんか?

 

このシャワー浴が、お尻ニキビの一因です。お尻の肌は意外と厚く、毛穴に角質が詰まりやすくなっています。入浴の際には湯船にゆっくり浸かり、毛穴を開かせるようにしましょう。古い角質層を除去することもポイントです。お尻の下の方を触り、ザラザラ、ボツボツした感触があるなら、古い角質が溜まっているのかもしれません。スクラブ入りのマッサージジェルなどを使い、優しく角質を除去します。

 

体を洗う時にも、意識してお尻を丁寧に洗うと、ふだんから角質がたまりにくくなります。ただし、こすり過ぎ、洗いすぎには要注意。過度な刺激は肌を傷め、必要な皮脂まで取り除いてしまい、乾燥肌の原因になります。肌が乾燥すると表面の角質層がはがれやすくなり、毛穴も詰まります。熱すぎる湯船も乾燥肌を招きます。ぬるめの湯船にじっくり浸かるのがお勧めです。

 

湯上りにも、お尻ニキビ予防のひと工夫を。乾燥を防ぐため、保湿は欠かせません。肌の奥まで潤いをいきわたらせるため、ボディ専用の保湿剤を使うと良いでしょう。お尻ニキビを予防し、シミや黒ずみ対策にもなるクリームもあります。